2018年05月05日

【水晶の呼び声】りんたろう解禁

クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声
「りんたろう」のキャラ紹介を解禁しました!
さわやかな青年で、火の超能力が使えます!

http://www.alchemyblue.net/cthulhu-rpg3/chara.htm


[水晶]仲間Twitter


このエントリーをはてなブックマークに追加
RG19371 at 20:36|PermalinkComments(0)

2018年04月01日

【文字先行情報】水晶の呼び声のキャラクター

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。

「クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声」のサイトを正式オープンし、少し落ち着くことができました。
みなさん、Twitterでのいいねやリツイート、ありがとうございました。

今回のお話は、この開発中の新作 『水晶の呼び声』 のキャラクターについて、文字だけで先行情報をお伝えしようと思います。
全身イラストや詳細設定は公式サイトの更新をお待ちください。

※開発中のため、変更になる可能性もあります。

■榊 凛太郎[さかき りんたろう]
ティザーサイトでは顔グラを載せていましたが、全身イラスト公開までお待ちください。
「頭もじゃふわ、親しみのある明るい性格、ちょっと軽くてどこか頼りない、犬みたいな雰囲気」
というのが彼のイメージです。

■秋本 楓[あきもと かえで]
ティザーサイトでは顔グラを載せていましたが、全身イラスト公開までお待ちください。
「背の低い幼さの残る格闘娘、純粋で猪突猛進、髪型はツイン三つ編みとアホ毛」
彼女は「神蔵 百合恵」という人物に憧れて空手をはじめたそうです。

■浪川 礼子[なみかわ れいこ]
ティザーサイトには載せていなかったキャラです。
「40歳の綺麗な女性、お胸が豊満、艶めかしい赤髪、ラーメンとお酒が好き」

■烏丸 健吾[からすま けんご]
こちらも載せていなかったキャラです。
「超常探偵事務所の若き所長、眼鏡、イケメン、知的、こわがり」

まだ新キャラはいますが、今回はここまでで。

以上、キャラクターの文字先行情報でした。
お読みいただきありがとうございました!



このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月02日

【クトゥルフ神話RPG】作品ごとの特徴など

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。

今回は『クトゥルフ神話RPG』シリーズの作品ごとの特徴をつづろうと思います。
制作中の『水晶の呼び声』の特徴は予定として書きます。

シリーズ通しての最大の特徴は、レベルやアイテム引き継ぎなどの救済要素を「途中で謎の解決を放棄して帰る」ことにより「好きなタイミング」で行えることだと思っています。


【舞台】
 町外れの山にある廃屋敷
【主人公】
 高校2年生
【仲間】
 同級生のゆるふわしっかりもの女子
 同級生のすばしっこいお調子もの男子
 同級生のポニテ空手女子
 変Tを着ている廃墟マニア
 拳銃を持つ黒服の渋いおっさん

【主な特徴など】
 シンプル
 クトゥルフ神話からのネタあり

『クトゥルフ神話RPG』シリーズをはじめてプレイするのに最適な作品だと思います。
作風・シナリオの雰囲気・ゲームシステム・ゲーム性などをこの作品で見て、気に入っていただけたら幸いです。2作目の『血塗られた天女伝説』も楽しんでいただけると思います。


【舞台】
 山奥の村
【主人公】
 成人(20代・職業選択あり)
【仲間】
 同世代のゲーム好き男親友
 20歳のオカルト好き女性タレント
 ガラの悪いおっさんフリージャーナリスト
 ドジっ子で食いしんぼうな巨乳女性記者

【主な特徴など】
 和風ホラー(敵が妖怪など)
 ストーリーの重要度が大きい
 村人などへの聞き込みあり
 アイテムの調合・調理などあり
 落ちているアイテムのランダム要素あり
 時間制限は約1週間

こちらは2作目ということもあり、できることが大幅に増えました
ほどよいバランスの時間制限と噛み合った「昼の聞き込み」と「夜の探索」
村人との会話を楽しむ。素材を拾って調合・調理をする。落ちているアイテム目当てに宝探しをする。妖怪退治をする。時間の許す限り好きなことができます

この『血塗られた天女伝説』で今後の『クトゥルフ神話RPG』の方向性が定まり、作風やオリジナル要素も確立できたと思います。


【舞台】
 ひとつの市を中心としたいくつかの地域
【主人公】
 成人(20代・30代・40代から選択・職業は前作の倍以上)
【仲間】
 22歳の人懐っこくて明るい男性
 19歳の突進系天然空手女子
 40代の仕事ができる綺麗なおばさん
 30代のヘタレなメガネ男性 、

【主な特徴など】
 2016年の現代都市(いくつかの地域へ移動可能)
 超常探偵事務所の調査員として超常現象を調査する
 花子さんや口裂け女などの都市伝説要素あり
 敵やアイテムなどクトゥルフ神話要素あり
 仲間たちが特殊なチカラを使える
 仲間たちとSNS「LINK」で交流ができる
 町の人達などへの聞き込みあり
 生活感の重要度が大きい(店での買物 、自宅でゲームや本読みなど)
 イベントや行動などで一部のスキルが成長する
 アイテムの調合・調理・製作ができる(倉庫あり)
 落ちているアイテムのランダム要素あり(一部のダンジョン)
 時間制限は1ヶ月以上

かなり伏せて書いてますが、まだまだ書ききれないほどの要素があります。
『水晶の呼び声』は2016年の現代都市が舞台ということもあり、過去作と比べて私達の現実に非常に近いです。
それ故、そこで起きている超常現象迫る狂気などが、絶妙な不気味さを出してくれると思います。

探索やストーリーはもちろんですが、今回もっとも重要視しているのは「生活感」です。
ゲームで得られる「生活感」が増すほど町を渦巻く狂気をより身近に感じ、それが他の要素の楽しさ・面白さを何倍にもしてくれると思って制作をしています。

あまり大きなことを言うとあれですが、それだけ力を入れているということなので、ぜひご期待ください。


以上、作品ごとの特徴のお話でした。
お読みいただきありがとうございました!



このエントリーをはてなブックマークに追加